2014年5月18日

「信仰とは」

 

さて、信仰とは、望んでいる事がらを確信
し、まだ見ていない事実を確認することで
ある。
          へブル人への手紙11:1

 
先日、教会員の皆さんに質問してみました。

あなたの「信仰」って何ですか?

いきなりは切羽詰るようです。皆さんはいか
がでしょうか?まだ信仰を知らない人に信仰
って何ですか?と聞かれたときに答えること
が出来るでしょうか?信仰を確実に持ってお
られる方は必ず答えることが出来ます。

信仰を説明できる人はその信仰を持っておら
れる方で、答えの詰まる人は信仰を持ってい
ないのです。少々厳しいですがこれは非常に
大切なことなのです。なぜなら信仰が無いと
救われないからです。そして信仰があるかど
うか自分で確認出来なければならないと思い
ます。

とりあえず、どんな答えでも良いから答えら
れる人になってほしいと牧師としては願うわ
けです。

もっとも、信仰とは聖霊の賜物の一つで、神
様からのプレゼントです。ですので、人間の
私たちの内から発生するものでは無いのです。
これが理解できると言う事は確実に聖霊様の
力を受けていると言うことになります。

人間の信念(自分で神を信じようとする心)→
信仰(神様から送られる信じる力)→確信(確認
出来た心)という流れになり、まず信念からです

もっと簡単に言うと、求めるなら神の霊によって
神の愛を私たちの心に注がれて、神の思いを
感じる事が出来るようになります。

そして、希望は失望に終ることはない。なぜ
なら、わたしたちに賜わっている聖霊によっ
て、神の愛がわたしたちの心に注がれている
からである。    
          ローマ人への手紙 5:5

では、もう少し詳しく説明しますと・・

「神との信頼関係」だとお伝えします。

その関係を3っつお伝えします。

①神は私たちの創造者かつ絶対者かつ命の主
権者です。私たちは被造物であると言う存
在で創造者無しでは存在しない絶対関係
す。

②神は私たちの父であり、私たちを子として
愛しておられる親子関係である。

③神は私たちへの約束は必ず守られる方であ
り、私たちに語られた言葉(聖書)に責任
を持たれて実行されるイエスキリストを通
しての契約関係です。

この3つの関係で、神と自分の関係を理解し
アイデンテティーの確立を(自分の存在を確
立)することなのです。

私達人間は神の意思によって創造されました。
ゆえに神を無視して生きる事の出来る存在で
は無く神に従うように造られたのです。

さらに神は私たちを奴隷やロボットの様に造
らず神に愛される子として、神の法(互いに
愛する)によって生きること。神が私たちに
与えようとする無尽蔵の富の約束を希望とし
て、自分の置かれた立場をわきまえることが
信仰だと考えるのです。

人間は、神を無視して自分の考えで生きよう
とする事で罪が入りました。最初の人アダム
は自己中心に生きようとして神の言葉を無視
し罪を犯しました。私たちの罪の根本は自己
中心なのです。そして、アダムの子カインは
人類始めての殺人を犯します。弟アベルを殺
したのです。これは「嫉妬」のゆえの憎しみ
なのです。それも自己中心性から来るもので
す。それを神中心にすることが信仰になりま
す。

神の法は、
「神を愛し、互いに愛し合いなさい」です。

この法を守りたいと思う心がこの罪の原因で
ある自己中心性を砕く事になります。その神
の法に喜んで従うことが信仰の結果なのです。

創造主なる神の愛があまりに素晴らしいので
喜んで神様に従おうとする事が正しい信仰で
あり、地獄で命が落とされるから恐怖のゆえ
に従うのではありません。

神はけして私を悪いようにされない。私を愛
してくださっていると信頼しどんなにつらい
事があっても最期にはすべて益にしてくださ
るのだと信頼することなのです。

友達を信頼するとはどんな感じでしょう?そ
の友達が影で自分の悪口を言っている事が分
かったらどうでしょう?そんな友達を信じれ
ませんよね。私は逆に影で言わず面と向かっ
て言ってくれるほうが友として信頼できます。
(誤解を招いていることが多いからです。)
影で他人に友の悪口を言う友は信頼できない
です。しかし神は私たちのことを誰かに悪口
言う方ではありません。私たちに自分の愛を
知ってもらいたいと願っておらる方なのです。

旧約聖書に出てくるヨブの信仰をお手本にす
れば理解できるでしょう。最期には神はヨブ
に無条件の信仰を教えるのです。自分の功績
ではなく神の一方的な愛を受ける事が大きな
恵みと悟らされるのです。

神は、私たちに愛を示されました。どんな愛
でしょうか?命を掛けた愛です。私たちの代
わりに神の御子イエスキリストが命を落とし
てくださった。その命と引き換えに私達の自
己中心性の罪を赦されたのです。そこまでし
て私たちへの愛をこの世で示されたのです。
神の一方的な愛ですが、自分の弱さを知ると
きに、この愛を心から受け入れることが出来
るのです。それが神様の計画です。自己中心
によるおごり高ぶりが神の愛を理解できずそ
の人の滅びを招くことになります。

その神の愛を受け取ることが、イエスキリス
トを信じる信仰と言うことになります。

世界中の人々が神の愛を知れますように心か
ら祈願いたします。

 

 

 

2014年5月4日

「真理が私を自由にする

そして、あなたがたは真理を知り、
   真理はあなたがたを自由にします。

              ヨハネによる福音書8:32

私が教会に行き始めたころは、毎日曜日に教会に行かなけ
ればならない事に抵抗があり、休日の自由が奪われて縛ら
れるのが正直いやでした。しかし、本当に神がおられるの
なら、地獄へなんか行きたくないし、そんなこと言ってお
られないとも考えました。それは不安な日々でしたが、信
じて決心したときには心は一気に平安になり自由になりま
した。日曜日に教会へ行くのが楽しくなったのです。本当
の神様をもっともっと知りたいと思ったのです。それは教
会に集わされているのでは無くて、自分から行きたくなっ
たのです。周りの人は教会に行く私を理解できないでしょ
う。教会に行く価値を知らないのですから仕方が無いので
す。私も以前はそうでした。でも教会に宝が眠っていると
分かれば誰でも探しに行きたくなります。やらされている
のでは無くて好きでやっているのです。それが自由です。

そして、自由と言う事は、開放されると言う意味でありま
すが、好き勝手に行動するとか、誰にも縛られないと言う
自由は本当の自由ではありません。好きに生きる事は逆に
孤独になります。孤独は不安であり、誰かに愛されること
を求めます。私たちはこの世のいろんな物に頼っていきま
すが、正しい愛により頼まなければ歪んだ関係を強いられ
てしまう事が多いです。それは本当の自由ではありません。

また、みんなが好き勝手に行動すると、秩序が保てなくな
ります。野球を楽しくするためにはそこにはルールを守る
必要があります。また、安心してドライブするためには道
路交通法をすべての人が守らないと、不安で爽快に走る事
はできません。本当の自由は「平安である」と言う心の在
り方のことです。別の言い方で「幸福感の中にある」とい
う言い方でも良いと思います。

自由とは、好き放題に何をしても良いという事ではないの
です。皆がルールを守ることが前提条件にあります。法律
があり、違反すれば罰則があると言う事で、ルールを守る
事はお互いの安心感を与えるのです。法律というのは平和
を維持するためのルールなのです。

真理とは「絶対に変わらない本当の事」と言う意味です。
真理と言うと、社会を震撼させたあのカルト集団が使って
ましたが、とんでもない事です。

キリスト教は宗教でなく、事実に基づく神との契約です。

そこでイエス様はヨハネの福音書14:6で

「私は道であり、真理であり、命である。誰でも私によら
   ないでは父のみもとに行くことは出来ない」

と断言されました。真理に従えば命があるというのですが、
真理とはイエス様自身でありのその御言葉になります。そ
れが、神様の新しい法律です。その戒めは「神を愛し、互
いに愛し合うことである」と言うルールです。非常に抽象
的な戒めですがこれがあらゆる法律の元となります。

人間は相手が愛してくれていると知ったなら、その関係は
平安です。しかし、愛していないと疑うなら、平安はあり
ません。しかし、みんながイエス様の御言葉を守ろうとす
るなら、平安が生まれるのです。ですので、真理(イエス
様の御言葉)に従えば平安を得ると言うことになるのです。

まずは、イエスキリストを通して神の愛を受け止める必要
があります。これが真理を知る事になります。

始めは教会に行くきっかけは「地獄があるなら行きたくな
い」このような恐怖心から神を求めるようになりました。モ
ーセも最初は神を恐れたのです。しかし、聖書を学んでい
くうちに神が私たちを愛しておられると事を知り、聖霊様
によってその思いが伝わってくるのです。そうすれば、神
に対しては怖さは無くなり、愛されていることを知り、恐
怖心から開放されるのです。全能の無敵の神が私たちの味
方であるなら、誰が私を滅ばす事が出来るでしょうか。

聖書の御言葉はこう言ってます。

もし、神がわたしたちの味方であるなら、
だれがわたしたちに敵し得ようか。
ご自身の御子をさえ惜しまないで、
わたしたちすべての者のために死に渡されたかたが、
どうして、御子のみならず万物をも賜わらないことが
あろうか。だれが、神の選ばれた者たちを訴えるのか。
神は彼らを義とされるのである。
だれが、わたしたちを罪に定めるのか。
キリスト・イエスは、死んで、否、よみがえって、
神の右に座し、また、わたしたちのために
とりなして下さるのである。
だれが、キリストの愛からわたしたちを離れさせるのか。
患難か、苦悩か、迫害か、飢えか、裸か、危難か、剣か。
「わたしたちはあなたのために終日、死に定められており、
  ほふられる羊のように見られている」
と書いてあるとおりである。
しかし、わたしたちを愛して下さったかたによって、
わたしたちは、これらすべての事において
勝ち得て余りがある。
わたしは確信する。死も生も、天使も支配者も、
現在のものも将来のものも、力あるものも、
高いものも深いものも、その他どんな被造物も、
わたしたちの主キリスト・イエスにおける神の愛から、
わたしたちを引き離すことはできないのである。
             ローマ人への手紙8:31~39

全治全能の創造者としての神が私たちの見方であり、
命を賭けて愛してくださる私たちの「お父さん」です。

全知全能のお父さんに従うことで命が保証されると言うのなら
私たちが何かに恐れて不安になる事があるでしょうか?

私たちはこの真理(真の神)に従うなら互いに愛する事
の大切さを知り本当の平安が支配し本当の自由を得るの
です。

父が赦されたとそうして愛してくれていると言うなら、誰もあな
たを罪に定めることは出来ないのです。それが本当の自由
であり、平安であると言うことです。
どうぞ、真理(イエスキリスト)によって神を知り真の自由を獲得
してください。そうすればあなたはこの世でまったく怯え
て、恐れて生きる必要がなくなります。

この世の中で自由となり、勝利者となれるからです。

それが、神の愛を知った者の素晴らしい人生の力となります!