2014年6月14日

聖書は誤り無い事実。

聖書は、造り主イエスキリストを通しての
世界中の人々への神様の救いの約束です。

信じない人は死んだ後その霊魂は地獄(火の
硫黄の燃える池)へ行きます。
しかし、イエスキリストの十字架を通して神
の愛を受け入れる人は神の国に入れられ、神
の子となり、永遠の命が保証されます。

信じる人は幸いです。信じない人は不幸です。
「神様が愛なら何故信じる人だけで、信じな
い人を地獄に落とすの?」 「そんなの神様、
勝ってすぎる!そんな神様なら信じない!」
と実は私も最初はそう言ったのです。そう言
いたい気持ちは良く分かります。

ですが、人は神によって造られました。
私達人間は、人を造った神に反論する身分で
は無いのです。

たとえば、人が造ったロボットが人の言う事を
聞かずに勝手な事をし、人に文句を言いだした
ら、そのロボットはどうなるのでしょう。処分
されるか、修復されて当然なのです。

ましてや、人間はロボットで無くそれぞれに自
由意志が与えられています。神を否定するのも、
肯定するのも自由なのです。神様はイエスキリ
ストを通して人に愛を示されました。その愛を
通して神様を信じ帰って来る事を忍耐して待っ
ておられるのです。

否定するのも自由ですが、その結末は地獄と言
う処分になります。誤りの無い聖書にそのよう
に書いております。

地獄と言う「処分」は、神様の本意ではありま
せん。 神様は修復を望んでおられます。
地獄と言う処分になるのは人間が選んだ結果な
のです。最初に造られた人間アダムが、エデン
の園で違反し創造主を信頼せずに自分の考えで
勝手に生きる故、罪が生じたのです。この「罪」
と約されたギリシャ語の言語は「的外れ」と言
う意味があります。神によって造られた人間が、
絶対創造者である神を無視して、 生きる事は
「的外れ」=「罪」であるのです。

この「的外れ」はもう一つの言い方で「誤解」
と言う言い方が適当かも知れません。神様はそ
の「誤解」を修復されるために、 御子イエス
キリストの十字架の業を通して、 神がいかに
人を愛しておられるかを現してくださったので
。「友のために命を捨てる事これ以上大きな
愛は無いとイエスキリストは言われました。
2000年前、聖書の預言どおりそれを現実に表わ
されたのです。この神様が自ら命を架けて誤解
を解く行為。これが神の救いなのです。

「神は、実に、そのひとり子をお与えになっ
  たほどに、世を愛された。
  それは御子を信じる者が、ひとりとして滅
  びることなく、  永遠のいのちを持つため
  である。神が御子を世に遣わされたのは、
   世をさばくためではなく、御子によって世
   が救われるためである。御子を信じる者は
   さばかれない。」
       ヨハネによる福音書3:16 ~19

そこで、友人や、親族、愛する人が地獄に落と
される事を知りながら黙って居られないのが私
の本当の心なのです。

分かれ道があって、皆が地獄の方に向かって歩
いていたと知るならあなたはどうしますか?な
んとしてもそっちに行ってはダメだと言うのは
ありませんでしょうか?それが普通ですよね。
愛する友に、親に、子供に、嫌な事言われよう
が馬鹿にされようが必死に伝えるのが私の十字
架になります。
イエス様も十字架に架かる時、全ての人がイエス様
から離れ去りました。しかし、その2000年後、
世界3分の一20億の人がイエス様を信じたのです。
日本人はいまだその事実を知りません。何とか
お伝えしたいと思っています。

幸いにも、私は皆さんより先に主イエス様とお
会いしました。

これを伝えると宗教勧誘だと思われて嫌がられ
て嫌われるかも知れません。嫌われても伝える
のは、その人を本当に愛しているからなのです。

私の損得勘定はまったくありません。教会の信
徒を増やしたいから伝えているのではありませ
ん。他の教会でも行ってくれても良いからただ
ただ地獄に行って欲しくない。救われて欲しい
のです。
宗教団体に入るとか、教会員になるとかでは救
われません。救いは得心すればその場で救われ
ます。

聖書の話が本当だと知れば私の言ってる事がい
つか必ず分かる日が来ると思います。みんなが
天国に行ける様に心から願っております。

 

 

 

 

2014年6月

 

私の救われたいきさつ       東 たつお

私が、救われたきっかけは教会に通うように
なった親友の誘いでした。娘のアトピーが神
様によって癒されたと言うのです。親友が言
うには神が居られると言う事でした。それだ
けでなく、イエスキリストが明日にでも再臨
されるかも知れないと言う話でした。死んだ
後の霊魂が存在する事、すべての人に神の裁
きがあり、十字架に架けられたイエスキリス
トを信じるなら救われ、信じないと地獄に行
くと言うことを聞かされました。

友の話を聞いて、神が本当に居られるならそ
の事実を知りたいと思うようになり、神様が
居られるなら私も体験をしたいと思うように
なり、祈るようになりました。「この鈍感な
私にも神様を分かるようにしてください」と
言う単純明快な願いでした。確信が無いのに
教会へ毎週通う事は苦痛でたまらないので、
聖書が真実なら行かなくてはならないと思わ
されました。

1ヶ月ほど毎日祈っていると言葉がちゃんと
しゃべれず舌がもつれて呪文見たいに何を言
っているのか分からなくなってきたのです。
後でその親友に聞くと「異言」だと教えてく
れました。聖書に書いているとおりに異言が
出てきたのです。2000年前の出来事が今も私
に聖霊の賜物が臨んだのです。その一週間後
煙草を止めたいと思っていた私の祈りも聞か
れました、吸っても吸っても美味しくなく、
逆に気分が悪くなるのです。1週間にも渡っ
て吸っても美味しくなく気分が悪くなるのだ
になったのであっさり止める事が出来たので
す。3年間も止めようとしても止められなかっ
たのに、1週間で簡単に止めれたのです。こ
れは不思議な事でした。

ある時、ひざの炎症で水がたまってしまった
のですが病院にいく前に教会に行こうと決心
しました。教会では祈祷会が行われておりま
したが、そこで讃美しているうちに瞬間に癒
されてしまったのです。さっきまで曲げる事
出来なかった膝で屈伸しても全く痛くなく治
ってしまったのです。うれしさのあまり神様
感謝しますと叫んでしまいました。

こんな奇跡を体験した私でしたが、洗礼を受
けた時はあまり、確信が無いままにただ、地
獄へ行きたくない。天国に行きたいと言う思
いを信じて決心し、受けていました。

その後、教会の玄関に十字架を背負いゴルゴ
ダの丘に向かうイエスキリストの大きな絵画
がありましたが、それを見ていると突然細い
声で、私の心に囁くのです。「お前のために
も、私は苦しんだのだ」その声を聞いた瞬間
私は、嬉しくて嬉しくて鳥肌が立つのを感じ
ながら、ただ涙がこぼれて止まらなくて呆然
と立ち尽くしていました。それまで、救いの
確信や神様の愛が自分にあるかどうかなどた
だ自分で信じていただけなのですが、この時
確信したのです。イエス様は私をも愛してく
ださっている私の神様である事を。

それ以来、私は神様を本当の父として知り、
神の子としての自分に誇りを持てるようにな
ったのです。私の肉の両親にもはっきり言い
ました。「僕をこの世に生んでくれてありが
とう」。それは、この世で価値の無い自分の
存在が価値ある存在として新しく生まれ変わ
った自分を知ったからなのです。天国を下さ
る約束がより明快になり、人生の目標が死で
無く、永遠の命であるとはっきりと見えたの
です。聖霊が私にその確信を得させてくださ
ったのです。幼いころ私は劣等感が強く自分
に自信が持てずに自分の存在に泣いた事があ
り、生まれてきた事を呪った日もあったから
なのです。そして父の愛に触れ、愛する事の
必要を知ったのです。神様を知る事ができた
喜びは誰にも奪われないのです。

私を見つけ出してくださった、父なる神に心
から感謝しています。