2013年12月29日メッセージ

求めさえすれば神に出会える

  主は天から人の子らを
 見おろして、神を尋ね求める、
 悟りのある者がいるかどうかをご覧になった。
                                        -詩篇14:2-

私が神様を信じる事が出来たいきさつです。
最初は確かに同級生の友に伝道されましたが、
にわかに信じることなんてできませんでした。

娘のアトピーが神様に癒されたというのです。
聖書の預言通りキリストが再臨して、キリストを
信じる者は天国に行き、信じないものは滅びると
言う生死に関わる切羽詰る内容でした。

普通ならこんなこと信じないのですが、聖書と言う
書物は昔から非常に気になり、何が書いてあるか
興味が起こり、しばらく教会に行ってみることに
しました。

そこで見たのは、病の癒し、悪霊の追い出し、
また不思議なことばかりでした。しかし、これが
聖書に書いてあることがそのまま行われていると
いうことでますます聖書を知りたくなり
また、神様が本当におられるなら知りたいと
思いました。

私の毎日の祈りはこうでした。
「この鈍感な私でも神様を知る事ができるように
してください。」この祈りだけでした。本当に神が
いらっしゃるなら私に示してほしいとお願いした
のです。1ヶ月経っても何もないなら神様は要ない
し、信じる価値も無いと決めようと思っていました。

果たして、そうこうしているうちに、私にいろんな
不思議な事が起こり始めました。信じざるおえない
事柄が次々に起こったのです。ある日、膝に溜まった
水で痛みをこらえて教会の礼拝に参加した時、
瞬時に癒された事がありました。これには驚きました。

その上に、聖書に書いてある通りに聖霊が私の中に
触れられました。これが神の愛を悟った時でした。
十字架の意味も分かりました。十字架は私のためでも
あったとわかったのです。その時、神の深い愛と恵が
私を包みました。それは味わった者しかわかりません。
ただ嬉しくて嬉しくて喜び泣きました。経験したもの
しかわからないことです。

あなたも神様の事を聞いたとき、探し求める祈りが
必要なのです。求めなければ神は霊であって、決して目
で見えることはありません。もっとも、私は偶然にも
キリストが映った写真を持っています。それを見せても
信じない人は信じません。(見たい人はお見せまします)

真実が聖書にあります。神が造られた人間の霊魂は
神の元に帰るべきなのです。神は生きておられると誰か
に聞いたなら探すべきです。求めるべきです。是非お勧め
します。決して宗教ではありません。本当に神が生きてお
られると私は200%300%断言します。「何故神が生き
ているなら神の方から助けてくれないの?」と聞く人は多い
ですが、神は既に救いと愛を啓示されました。それがイエス
キリストの十字架です。これを見て神の愛を信じる人は幸い
です。死から命に移されるのです。死後地獄にて滅びない
ように神の愛を示されたのです。信じるだけで救われます。

しかし、伝える人がいなくては信じようもありません。

私の目的は信者を増やすことでは無く、教会組織を大きく
したいという私の野心でもありません。一人でも多くの人が
神の救いを得て神の国に行けるようになる事です。

この世や肉体はやがて亡くなります。しかし、神の国は永遠
なのです。永遠のために信じ生きる事は今を生きる力になり
ます。180度あなたは変わります。生まれ変われるのです。

いくら石油の埋蔵している土地を与えられても、掘らなければ
それは手にできないのです。神と出会える人は掘る人です。

神様、そうイエス様との出会いを心からお祈りします。

 

 

2013年12月22日メッセージ

キリストご降誕

イエスキリストがこの世にご降誕された場所は、
家畜を飼っている汚い所でした。

キリストはベツレヘムに生まれると聖書の預言
がありました。ナザレに住んでいたヨセフとマリアは
住民調査のためにローマに支配されていたユダヤ人に
生まれ故郷に戻るようにと命令がありました。これは
キリストがベツレヘムに生まれると言う預言が成就す
るために、神様はローマの政治をも動かされる方なの
です。偶然は何一つありません。神の計画は預言通り
です。

ヨセフとマリアはキリストが生まれると確信し、すべ
てを神に委ねていたのです。身重であるのにベツレヘム
までの長旅を拒まず、綺麗な場所を選んでキリストが
生まれる準備もできなかったのです。住民調査のために
多くの人が宿に泊まり空いている宿が無く、やっと着い
たのが家畜の飼われているところでした。

そこで生まれてしまうことになるのですが、そこになんと
天使から知らせを聞いた羊飼いと星を頼りに東方からの学者
がキリストのご降誕を祝うためにやってきました。汚い家畜
小屋がすばらしい場所となったのです。これはマリヤとヨセ
フにとってはさらに大きな確証となった事でしょう。

クリスマスのモニュメントと言えば世界中ではこのシーンを
飾ります。汚い飼い葉おけに置かれたキリストを囲む、
マリヤとヨセフ、東方の学者、羊飼いです。

そして、さらにはキリストとして確証させる人物はシメオンと
アンナという敬虔なユダヤ人で、神殿にいたシメオンはキリスト
が現れるまで死ぬことは無いと聖霊に示しを受けていました。
彼はマリヤに言いました。

ルカによる福音書

 2:28 すると、シメオンは幼子を腕に抱き、神をほめたたえて言った。
 2:29 「主よ。今こそあなたは、あなたのしもべを、みことば
   どおり、安らかに去らせてくださいます。
 2:30 私の目があなたの御救いを見たからです。
 2:31 御救いはあなたが万民の前に備えられたもので、
 2:32 異邦人を照らす啓示の光、御民イスラエルの光栄です。」
 2:33 父と母は、幼子についていろいろ語られる事に驚いた。
 2:34 また、シメオンは両親を祝福し、母マリヤに言った。
   「ご覧なさい。この子は、イスラエルの多くの人が倒れ、
   また、立ち上がるために定められ、また、反対を受ける
   しるしとして定められています。
 2:35 剣があなたの心さえも刺し貫くでしょう。
   それは多くの人の心の思いが現れるためです。」

異邦人とはユダヤ人以外ですから、全世界の人々だと言うこと
です。キリストは全世界の人の救い主としてお生まれになるが、
それは英雄になってこの国を治める喜ばれる輝かしい王になる
とかではなくて、反対を受ける存在になり、ユダヤ人も多くつ
まずき辛い事になると言われたのです。そして、キリストを通
して多くの人の心の思いが現れるためだと言うのです。

この思いとは何でしょう?キリストが十字架にかかる事によっ
て現れる神の人類への愛であるのです。神であるのに自らを低
くし、私たち(アダムの子孫)の罪の身代わりとなるため降りて
来られた神の贖いの供え物イエスキリスト。

私たちに送られた神の最高のプレゼントだったのです。

これだけの、多くの証人が確証を与えて偶然に発生したとは言
えない。神の計画により整えられて実現した神の救いなのです。

さあ、あなたもクリスマス!
神のみ救いを受けて感謝して信じましょう!

 

 

2013年12月15日メッセージ

本当のクリスマス

早いもので、もうクリスマスです。
子供の時はクリスマスは何の日かよくわから
ないけれど小さいながらもみんなで飾り付けする
クリスマスツリーとお菓子のいっぱい入った赤い靴
をもらって喜んでおりました。

キリストの誕生祭であるクリスマスですが、
何故、イエス・キリストがすごいお方なのか
多くの日本人は知らないので、ご紹介します。

名はイエスで、キリストは称号です。大統領等
の選ばれた人に与えられる呼称です。
キリストの意味は救世主であり、救い主です。

クリスマスはキリストが誕生すると言う言い方は
少しニュアンスが違います。正確には降誕(こうたん)
すると表現した方が良いでしょう。

何故なら主イエスの存在は聖書が説明するには
天地創造の前からあり、彼が創造主であり天地創造を
されたと記されています。(コロサイ人への手紙1:15)

その上、主イエス自身も「アブラハムのいる前から
私は居るのです」と断言されます。アブラハムは
キリストの降誕された約2000年前の人です。今から
約4000年前の人でイスラエル人の父祖です。
こんなことを言うイエスは全く気狂いじみているか
冗談であるか、または本当に神であるかなのです。
しかし、このイエス・キリストを世界の3割の人が
信じているのです。

神の御子イエスの目的は人類最初の人アダムの罪
(これにより全人類が有罪となりました)の代償として
十字架に掛かり死ぬ為に救世主としてこの世に約束通り
降りて来られたのです。それがクリスマスです。
アダムの罪は創造主である神を無視して生きようとした
ことです。エデンの園での出来事は皆さんも聞いた事が
あると思います。そのために、人は皆神から離されて
生きています。(簡単に言えば羊飼いのいない羊がさま
よって狼などの危険にさらされている状態です)それは
全人類の祖先アダムの罪の故なのです。私達日本人も
アダムの子孫ゆえにアダムの罪を受けたまま生まれてき
ています。

この罪の代価は死であると神は言われました。主イエスは
その死を人類に要求しないで自ら、人の姿になり
ご自分の死によって、私達の死を免れさせてくださる
計画を実行されたのです。

神でありながら人の肉体を所有してこの世に
処女マリヤから降誕されたのです。主イエスがこの世に
降りて来られたことは、私達にとっては神の一方的なめぐみ
であり、永遠の命のもといです。
しかし、イエスキリストにとっては十字架の苦しみを
覚悟しなければならない事が決定された日だったのです。

これがクリスマスです。

この日は神の全人類への愛を実行された喜ばしい日なのです。
私達を愛するために自ら命を投げ出す。それが私達の神様
なのです。そうです、あなたのためにも主イエスは苦しみを
受けられたのです。こんな素晴らしい愛を持った方が私達の
神であるのです。この主イエスの神の愛を受け入れ信じる者
だけがアブラハムの約束を成立させます。アブラハムへの約
束は、全人類誰でも神の子となり神の国の住人となることな
のです。その約束を受入れる方は幸いです。

これが神の福音です。

「信じないと救われないの?」とつぶやく人は残念です。

聖歌128番「God rest you merry」のクリスマスキャロルを
1994年にマライア・キャリーがボーナストラックとして
特別に入れた大ヒットしたクリスマスCDがあります。
これには感動しました。

クリスマスはメジャージョイでハシャギ喜ぶ時でなく、
マイナージョイで心からの深い喜びと神の愛を心から
感謝して神を慕う日だと言いたのです。

 

2013年12月8日メッセージ
「わたしの目には、あなたは高価で尊い
 わたしはあなたを愛している。」

                           イザヤ書43:4

あるテレビ番組で、自分に価値を感じるかと言うアンケートに
アメリカ人は50%で、日本人は僅かに10%を満たさないという
ことでした。アメリカ人は少しできたら自分はできるのだと
ポジティブな考え方をしますが日本人は9割できても1割でき
なければダメなんだとネガティブに考えます。

そんな日本人の物づくりの姿勢は世界的にも認められているところです。
少しでも問題があればより良い商品をつくろうと徹底する企業が
多く、日本人消費者のネガティブ思考により求められる完成度が
高いです。日本人はその競争で多くの良い企業が生まれました。

神は私達人間を素晴らしい価値あるものとしてお作りになりま
した。何のとりえがなくても、素晴らしい人でなくても、造っ
た方は私達の存在そのものに価値をお持ちなのです。
自分自身が不遜な者だと劣等感に悩まされても、創造者があなた
を高価だと言われたなら、誰がどう言おうと最高の存在になる
のです。

3歳までの子供が愛されて育つ子と、愛されずに育つ子では、
その子の人生は全く違うものになります。愛されて育つ子は
自分に価値を抱くからなのです。最高の権威を持った方が、
目に入れても痛くないほどあなたを愛していると言ってくださ
るのです。神はそのようなお方なのです。

重要な事は、その価値ある人間が造り主を覚えてその愛に気付く
ことを神様は待っておられます。

私達の良さは何処にあるのでしょうか?神が私達に喜びを感じ
てくださる事で価値が生まれます。むづかしいことはありません。
神は全知全能なので私達に求める事はただ1つです。

「創造者としての神が私達を愛してくださって、神から見て
私達が価値ある存在なのだとが信じることなのです。」

私達の存在は必然であり、偶然では無いと確信するのです。
進化論によって、偶然の存在だと信じさせられている私達。
それは、価値の無い存在だと諦めるしか無い虚しい理論
なのです。

私達は、愛されるために生まれてきました。これは信仰の最も
大切なことです。神の愛はどうして分かりますでしょうか?
十字架で犠牲になられたイエス・キリストを知ることなのです。

どうぞ、お近くの教会にてイエスキリストの十字架の愛に答え
を求めてください!必ず、神の愛を知り、あなたの価値をあなた
自身が知ることでしょう。

あなたは、間違いなく神から価値ある存在として愛されるために
生まれてきたのですから、それを知らなければ・・・・
ただ損なのです。

逆に神などいないと断言出来る人はいないと思います。その証拠に
人は誰でも苦しい時、必ず祈ります。これは神を知る心が人の心に
プログラムされているからのです。

神の愛を求めてください。そうすれば必ず判ります。

人に最も必要な事は 信仰、希望、愛 だと判ります。

自分の価値を神によって見出してくださるように・・・。

 

 

2013年12月1日メッセージ

「天の見返りを見よ」

人に見せるために
 人前で善行をしないように気をつけなさい。
 そうでないと、天におられるあなたがたの父から、
 報いが受けられません。
                            マタイ6:1

■作家 曽野綾子さんの本「人間にとって成熟とは何か」
が良く売れております。カトリック信者でもある
曽野さんが、ある方の相談を聞かれたそうです。

ある方の近所に体の不自由なお年寄りがおられて、
買い物に行ってあげたり、支えになってあげたりといつも
気にかけて声をかけていたそうです。そのお年寄りの
同居の息子さんがおられたそうですが、それを見ても
挨拶もせず、お礼の一言も無く、いつも無愛想な
息子さんでした。 ある時、そのお年寄りが他界され
ました。お葬式に参列したその人は息子さんに挨拶し
ましたが、息子さんからは何の感謝の言葉も無く相変わらず
無愛想なままでした。この息子さんに腹が立って
どうしようも無く、この息子さんをどう思いますか?

と言う相談でした。

残念ですがこの方は損をしていると思います。
このお年寄りに善行をしたのは、お年寄りの事が心配で
思いやりを 持った故なのですから、それは素晴らしい事
なのです。決して動機は、息子さんに褒めてもらうために
したのでは無かったはずです。
勿論、息子さんから依頼されたわけでも無いのです。

それなのに、息子さんに見返りを要求しているなら全て
虚しいのです。結局、自分の善行の評価を求めること
になってしまっているのです。勿論、社会的には息子さん
の無礼を 見過ごすわけではありませんが大切なのは善行
を行っていながら、息子さんに腹を立てているこの方は
良心から外れていってしまっているのです。

■私自身も、昔、植木を手伝ってくれていた若い子に日頃の
感謝を込めて特別に美味しいみかんを送りました。しかし、
彼はいつまで経ってもみかんの事を何も言わないのです。
みかんの味の感想を聞きたかったのですが何も言わないので、
こちらから聞いてみました。そうしたら、彼はあまりみかんが
好きでは無かったのです。私が、彼に感謝をしたのに対して、
感想を言わないのでやきもきしていた事に恥ずかしくなりました。

■相手に喜んでもらおうとしたことが、
逆に思い煩いになることは愚な事です。

結局、良いことをした事で相手から良い評価を求めている。
自分の点数稼ぎを、知らず知らずの内に意識しているよう
なのです。人間関係を深めるために確かに贈り物は必要ですが、
見返りをその人に求めるのは本来の目的ではなく、
本当の良い心では無いという事です。

良いことを他人にする時、他人に知れること無くそっとする
ことは人からの見返りを求めてはいけないと言う事です。
右の手でした善行は左の手に見えないようにしなさいとあります。
自分自身の手ですら見えないようにしなさいと言ってます。

■良い行いをする時に人からでは無く神様からの報いが必ず
あると信じる信仰を持てば、決して人から何かを要求する
ことは無いのです。

誰からも報われなくても、神が報いてくださる事を信じる
事が信仰です。神の報いを信じることはご利益的なことではなく、
人からの誉れを得る事無く善行ができるに至る。と言うこと
なのです。 むしろイエス様は、「返礼の出来ない人に施しなさい
と言っておられます。

また、イエス様は「朽ちず錆ない天に宝を蓄えなさい。
と言われました。人は肉体の死後、天において見返りがあると
約束してくださっています。

人からでは無く、神の見返りを求めれば誰も見ていなくても
善行は楽しいものです。どんどん天国の家に宝が積まれます!

まずは、あなたも天国を保証してくださるイエス様の
約束を信じどうぞお受取りください。