2013年11月24日今週のメッセージ

 「塞翁が馬」 

すべての道で主を認めよ、
 そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。
                        箴言 3:6

■神はモーセを通してエジプトを脱出しましたが、
神が用意された約束の地に普通であればすぐに
たどり着ける距離であったのにも関わらず
40年間も荒野を彷徨い続けました。

それは、神を信じず不平不満を漏らした結果でした。
申命記8:2~10を見ると、敢えて神様は試練や苦難の道で
イスラエルの民がどのような心であるかを見るためであったと
記されています。人間は行き詰まったときに本性が出てきます。
その時、どんな言葉を出すかを神は聞いておられるのです。

■口偏に+(プラス)をつけると、「叶う」になります。更に-
(マイナス)を下につけると「吐く」になります。吐くは、
ネガティブな言葉です。しかし、ポジティブの言葉である
「叶う」は祈ることから始まります。
不平不満を語って問題が解決するなら、幾らでも言えばよい。
しかし、改善されるどころか更に悪循環を招くものなのです。

答えは、神に祈ることです。

ピリピ人への手紙4:4~7

  「あなたがたは、主にあっていつも喜びなさい
 繰り返して言うが、喜びなさい。
 あなたがたの寛容を、みんなの人に示しなさい。主は近い。
 何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、 
 感謝をもって祈と願いとをささげ、あなたがたの求めるところを
 神に申し上げるがよい。
 そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない
 神の平安が、あなたがたの心と思いとを、
 キリスト・イエスにあって守るであろう。」

これは、牢獄の中からピリピのクリスチャンに宛てた使徒パウロの
手紙で牢獄中にも関わらず「喜びなさい」と励ますのです。

どんな、苦難や困難な逆境にあっても「思い煩うな」「喜べ」と
勧めるのです。神は傍に居られるので、祈る事を勧めています。

此処が信仰なのです。

不平不満をつぶやくのか?それとも、神に祈り委ねるか?なのです。

神様を知らない時にはよく「自分を信じろ!」とか言い聞かせて
ましたが それは自己暗示であり、自己満足なのです。人間窮地に
追いやられると無神論者であっても、必ず心の中で神様に叫ぶよう
にプログラムされているのだとつくづく思います。

■パウロはローマ5:5でこの世の何者も神の愛から引き離すことは
 出来ないと断言しています。偽りない裏切る事をしない神の言葉と
心を信じるのです。

「塞翁が馬」という中国のことわざがありますが、悪いことは良い
ことに 成るものだと言う励ましの言葉です。しかし、そこには何ら
確証はありません。しかし、神様が愛を持って介入されており、
万事を益としてくださると信じれるなら、これほど素晴らしい事は
ないのです。

全ての道で(困難や苦難の道であっても)神は見ておられます。
神が傍に居られるなら悪いようにはならないと最後まで諦めず、
患難苦難に押しつぶされずに、前に向かう強い心が 神の平安の中で
与えられるのです。聖霊様が神の平安で満たすのです。

■私事ですが、以前、空いている店舗があるので教会として使って
欲しいとその物件のクリスチャンオーナーからお話がありました。
私に貸すようにと神様に示されたと聞き私はそれをお受けしました。
しかし、ある時、突然、オーナーから自分の教理に合わないから出て
行ってほしいと厳しい宣告がありました。

その時は非常に辛い思いがありましたが、この事で私は祈りました。
神様は私に更に祝福すると平安を与えられました。その後、自宅にて
集会を再会しましたが、そのおかげで病気の母親を向かえ入れて、
母親に半年の間に最後の親孝行をさせて頂き天国に見送りました。
また、その間に父親、知人、友人、4人が救われました。
これほど嬉しい事は無かったのです。自宅で集会がすることで
受け入れ体制が整えられたと言う事が分かったのです。

■自分では何故と想う辛いことも、いつも振り返って見ればただ感謝です。
「神様は将来を祝福する為に敢えてこの様にされたのだ」
神の愛を信じることで、どんな問題が襲うとも強い人になれるのです。

神様によって信仰・希望・愛を見出す人であれるようにお勧めします。
 

2013年11月17日今週のメッセージ

「神の愛を信じる」

ローマ人への手紙8:37~39

■神を信じると言っても、どう信じてわからないのが日本人です。
と言うのも、日本の神道宗教では神様の思いなど全く知らないので、
ただ人間側から一方的にお願いしているだけで、災難が起こらぬように
なだめ、静まってもらうためにお祭り事などをいたします。
神様がどんな気持ちであるか全くわからず、ただ恐れて,
漠然に信じているに過ぎないのです。そこには実態が無く
約束も無いので信じる対象になりえないのです。

誰かを信じると言う時には、相手の心を知ること無しには無理です。
相手が、自分のことを大切に思い、決して悪いようにはしないと
安心する関係を保つことができるのが信じる関係ということです。

あの方は私を大切にしてくれる根拠がある。
私をけして悪いようにはしないと信じ切る事を信仰と言います。
信仰は神と人との信頼関係なのです。

残念ながら、人間は裏切ることがあります。
それで人間不信になって壊れていく人が多いです。
自分を活かすためだけに生きるすべを見い出すために、
仲間を陥れたり、自己擁護の為に裏切り、
互いに信頼できずに疑心暗鬼になるのです。

しかし、聖書の神様は決して私達を裏切らないということなのです。

■神は愛だと言います。愛するとは言い方を変えると、
「大切にする想い」とも言えます。聖書の神の戒めは
「自分を大切にするように、身近な人を大切にしなさい」と教えます。
その最大は、友のために命を捨てることです。親の愛は子供のために
犠牲にできることは確かにあるでしょう。しかし身内でなくて
友という関係の上です。

神様が私達を大切にして愛しているかなんてどうして判るでしょうか?

2つあります。

1、イエスキリストの十字架の業の意味を知る事です。
  2、聖霊様を送ってくださるように祈り求める事です。

この2つであなたは間違いなく神に愛されていることがわかります。

■しごく簡単なのですが、真剣に求めようとしないから得れないのです。
日本人は八百万の神の中の1つとしてキリストを見てますから、
なかなか、真剣に求めようとしません。真実の神様を求める人は
必ず出会えるようになっているのです。詩篇14篇に「天から
人を見をろして神をたずね求める人があるかないかを見ておられる」
とあります。

敢えて神様は、求めない人に判らないようにしておられます。
それは私達には測れない神様の知恵なのです。

■ヨハネの第1の手紙4:7~21で、
まず神がイエス・キリストを通して私達を愛してくださった。
私達が神を愛したのでは無くて、神が先に私達を愛しておられたのです。
私達に対する神の愛を知って、互いに愛し合いなさいと言ってます。

人を造られた神は、人を大切にされています。その想いを身をもって
現されたのがキリストの十字架です。神の御子でありながら人の肉体を
所有されて自分の肉体を犠牲にし、十字架にかかり私達の罪の身代わりと
なって死んでくださったのです。神の赦しと救いをお示しになったのです。
この神の愛を受け入れると言うことが「信じる」と言う事です。

そして、神様の愛を知る事で愛することの大切さを知り
神様が愛されたように、我々も互いに愛し合い、大切にし合うよう
なっていくのです。これが神様の御心です。

私の身の回りの人を見ても、互いに腐し合う事が普通でも、褒め合う習慣は
ありません。何故でしょうか?愛する事の基準を知らないからです。
上辺では良い言葉を並べても、影では身近な人の悪口を平気で言うのです。

過去クリスチャンも、戦争をしているではないかと言われますが、
自称クリスチャンが救われるので無く、神がその人の信仰を見て
救われるのです。名ばかりのクリスチャンが多いのは否めません。

■愛することの大切さを神はすでに十字架上で私達に示されました、
神の愛を知らずに生きる事は自分本位で生きる事であり、
その人はただ滅亡に向かうだけなのです。
何故なら、造り主の御心に沿わない存在になるからです。
だからこそ神は「あなたの若い日にあなたの造り主を覚えよ」と
私達に勧めておられるのです。

■信じるとは、
神が私達人間を愛しておられるという事を受け入れる事です。
それなら何故神様が愛なら全ての人を救わないの?
信じないと救われないの?と質問する人は少なくありません。
事実、私も最初はそう考えました。

そこであなたに質問します。
あなたは自分の結婚式に誰でも無差別に招待するでしょうか?

同じように神様も神様の御心にかなう人を招かれるのです。
神様の愛を受け入れる人だけを神の御国に招待するのです。
それがイエス・キリストを信じれば救われるということです。

神様の一方的な愛を信じ受けられるように心からお勧めします。
そうすれば、誰であっても、どんな権力であっても
神の愛からあなたを引き離すことは出来ないのです。

 

2013年11月10日今週のメッセージ

「私達は新しく造られた者」

コリント人への第2の手紙5:17(16~21)

誰でもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。

私が神を信じた時、生まれてきて良かったと確信しました。
それまで、自分自身の存在に価値が見いだせなかったからです。
今でこそ、いろんな事ができる私ですが、子供の頃は要領が悪く
集中力なく、理解力も、表現力も、運動神経も良くなかった。
こんな運の悪い自分に生まれてきたことを悔やむ時があったのです。

私の存在の意味はいったい何処にあるのだろうか?
そのような、劣等感の塊の時がありました。

私は宗教なんてする気は全くありませんでした。それは今でも変わりません。
正直、良い人間になりたいと思ったこともありません。
神様が存在するなら知りたいと思っただけです。
それで友達の勧めるキリスト教会に行くようになったのは26歳の時でした。

神様(創造主)が存在されると聞いて、私はこれを見逃す事は出来ないと
心に決め、求めました。今は、神が現実におられることはもちろん、
私のことを愛しておられると言う確信まで持つことが出来ました。

よく、聖書のことをあまり知らない日本人は、
良い人間に成る為にキリスト教に入ったとか思われる事があります。
だから、「私みたいな世俗的な人間は入れないので結構です」と言われます。
全くの思い違いで、聖書は罪だらけの人間にこそ必要で、あなたの罪を赦し、
神の愛されていることを知り、その愛で隣人を愛する思いを大切にする。
この事により人間は神によって新しくされるのです。
そして良い人間へと訓練されて清められて行くのです。
神の愛を知ることがまず先決であるのです。
そして、神の愛を知ることによって私達人間は変えられてゆくのです。

確かに私自身はリアルに聖霊体験をし、自分の身に病の癒やしを体験しました。
しかし、その体験以上に確証はイエスキリストの十字架の御業です。
霊としての神が人の肉体をもってこの世に来られたイエス・キリストを
知ることで神の愛を知ります。

ヨハネ福音書3:3~15新しく生まれるとは聖霊による。とあります。

パウロは、キリストを神の霊によって知ることで新しくされることだと
語っております。それはまた神から出ていることであると言うことです。

キリストにより御業で、神の和解を受け入れることで新しくされたのです。
本来、神の愛の中でおるべき存在の人間がアダムの違反でそうでなくなり、
キリストの十字架により、神の愛の中に再び移された約束なのです。

パウロは、これを和解の福音と言ってます。

当然、この和解を受けた私達は、嬉しさのあまり黙っておれずに伝えたくなります。
私達の思いがそうでなくても、神が和解の福音の務めを私達に授けたと、
パウロは積極的な意見を述べております。

神が私達にゆだねられたとあります。(神に信任されている)

私達にお願いされているのです。さあ、私達のできることは何でしょう。

マルコ16:15~20

愛する人々にこの素晴らしい神の和解の提案を伝えてゆきましょう。

神によって、新しくされたなら語らずにはおれないのですから。

 

2013年11月3日今週のメッセージ

「赦しは愛の動機。」

それであなた方に言うが、この女は多く愛したから、
その多くの罪は赦されているのである。
少しだけ赦された者は、少しだけしか愛さない。

                  ルカによる福音書7:47

人を赦すということは非常に難しいことです。

人を赦せるようになるためには、まずは自分の罪を知る事です。
自分が正しいと思う人はけして赦されたいと思わないのです。
健康であると思う人は、病院に行かず、病気かなと思った時に
病院に行きます。

聖書は言います、この世の人は全て罪人、義人はいないのだと。
神様は私達は皆罪人であることを悟りなさいと言うのです。
心に憎しみを持った時点で、もうそれは殺人だと言います。
人間は皆、自己中心です。それが罪の念を生じさせるのです。
罪は霊の病です。この霊の病が癒やされるために
赦しを与えられたイエスキリストのもとに心を向けるのです。

あなたは自分で自分が罪を犯してないと言い切れるでしょうか?
自分の罪が判ればれば判るほど、私達の罪の身代わりと
なって死なれたイエスキリストの御業を神の愛として、
神の赦しとして信じるのです。この赦しを受け入れたなら、
誰も裁けなくなり、赦さざる負えなくなるのです。

勿論、悪を見逃す(許す)のではなく、謝罪する者を赦す
ということです。

譬え話ですが、
ある雇人が主人に願って、借金を全部帳消しされたのに、
その雇人が貸していた友の借金がありました。
その友も帳消しを願ったのに帳消しにせず赦さなかったのです。
哀れみを受けたのに、哀れもうとしないこの態度は神が赦さないのです。

赦すことは、愛の動機になります。
神の愛はイエスキリストの十字架の犠牲で赦すことを示されました。

まず、赦すことができるためには、神に赦された事の恵と平安
を受けることです。自分がどれだけの罪人であるか、
どれだけ神に赦されているかを知ることです。
自分の罪の深さを知れば知るほど、赦された恵が多くなります。

神の赦された大きな恵を受け取る事で、人を赦すのです。
私達も赦された恵の大きさで人を赦さなければなりません。

それは、神の愛を受けた人が、愛する人になると言うことです。

かく言う私も、イエス・キリストを信じて愛することの必要を知りました。