Monthly Archives: 6月 2013

過去のメッセージ

今週のメッセ-ジ2013年6月

by

2013年6月30日 主日礼拝のメッセージ

「神が愛の源である」             ヨハネ第1の手紙4:7~10

4:7 愛する者たちよ。わたしたちは互に愛し合おうではないか。

       愛は、神から出たものなのである。

       すべて愛する者は、神から生れた者であって、神を知っている.

4:8 愛さない者は、神を知らない。神は愛である。

4:9 神はそのひとり子を世につかわし、

      彼によってわたしたちを生きるようにして下さった。

       それによって、わたしたちに対する神の愛が明らかにされたのである。

4:10 わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して下さって、

        わたしたちの罪のためにあがないの供え物として、

         御子をおつかわしになった。ここに愛がある。                                       

神は、この世に愛の必要性を教えてくださいました。

親の愛を受けて育つ子供は、愛豊かな人になります。同じように私達人間は神から生まれた神の子です。ですから父なる神の愛が必要なのです。親も人間ですから愛されることが必要な存在です。親も神に愛されて、その愛で子供を育て、隣人を愛するのです。人を愛する思いになるためには、まず、絶対的な父なる神様に愛されるという恵みが必要なのです。

そこで、神の愛を見るためにはイエス・キリストの十字架を知る事です。神を知らずして本当の愛を知る事はできないのです。神の愛はイエスキリストの十字架で現されました。この意味は聖書を通して歴史を知らないと理解し難いかもしれませんが、神の愛は理屈では計り知れないものです。愛されていることは体験することだからです。

愛の源は神にあります。人間をお造りになった神は、神に愛される事によって、人を更に新しく造り変えて下さるのです。私も考え方が180度変わりました。

神に愛されていることに気付いた時、私たち人間は愛し合うことが正しいと知ります。私達人間は皆、弱いです。愛されること無しには生きて行けないのです。どんなに強がっている人でも、いつかは自分の弱さを知ります。だからこそ、誰かに愛されていることが必要になります。またそれに気づかなければなりません。

人に愛を求めても、人は皆それぞれ自分のことで精一杯です。親でさえ子どもを犠牲にして自分の幸せを求めるご時世です。しかし、絶対に裏切らない神の愛はとてつもなく大きいのです。

その愛の源に近づきましょう。真実の神の愛があなたにもふれますように・・・・ きっとあなたは満たされます。 きっと生まれてきて良かったと喜びます。そうすれば、愛される事より、愛する事の必要を知ります。人は誰でも愛される事を望んでいます。それを満たす方が愛の源である神様だけなのです。

 愛は、まず相手を赦す事から始まります。赦すことは自分を潰す勇気です。自分を犠牲にして、相手にも平和をもたらせます。この赦しの力は神の愛から来るものなのです。それには、まず神の愛に触れる事が大切です。

聖霊により、神の愛があなたにも臨むのです。必ず神様に愛されていることを経験します。

神の愛を聖霊に求めていきましょう。

2013年6月22日 主日礼拝のメッセージ

「神の安息に入ろう」                             マタイによる福音書11:28~29

すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。
 わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。   そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。

アナウンサーの辛坊治郎さんが転覆したヨットから救助されました。本当に良かったです。助けが来てくれるだろうか?死をも覚悟したと思います。「人知を尽くして天命を待つ」ということわざがありますが、もうどうにもならない時に、皆さんも一度や二度「神様助けて!」って心のなかで叫んだことが在るのではないでしょうか。これは人間が神様という存在の認識を潜在的にプログラムされているからだと思うのです。                                                                           そう言った絶体絶命な状況では無いにしても、手を尽くしたが何も変わらないと言って、人生に疲れを感じ、生きる望みを無くした人も、「神様~居られるなら私の悩み聞いてくださ~い」と心のなかで呟いたことがあると思います。私もまだ神様を知らない時に、「本当に神様が居られるなら、この願いを聞いてください。」と夜空に向かって呟いたことがあります。なんと、それは奇跡的に叶いました。今もその時の叶い(家内)は傍にあります。

神様の安息とは、休み、憩い、平穏、保護、助け、救い、慰め、回復、激励という事を含みます。安息の極みは神の国でありますが、現世においても、神の愛を体験できるということなのです。神は求める者に必ず答えてくださり、愛してくださっている事をわかるようにしてくださいます。この世であなたは「私は愛されている」と自信を持って言う相手が居られますか?親でも子を捨てる世の中です。そんな世の中でも神の愛は絶対に変わることが無いのです。神よりも強い人はいません。どんな人間でも強がり言って実は弱いものです。だからこそ強い神様の愛が必要なんです。強い方に愛されていることを知ることは強さと優しさを持つことができます。

この神様の愛に実際に触れ、休むことができるように約束してくださっています。誰でも神様の元に近づくなら、休みを得ることができるのです。この休みというのは先述した安息のことです。神に愛されていることの答えがあるのです。

まず心を神様に向ける事、祈り求める事です。必ず求める者には答えがあります。求めようとしない人にはけして答えはありません。私も昔は、神が愛なら、神様の方から現れてくれるだろう。それから信じようと傲慢に思ってましたが、もし神が居られるなら出会いたいと言う気持ちがありました。「こんな鈍感な私でも神様を知れるようにしてください」と一ヶ月毎日祈りました。それでも答えが無いのなら、もうやめようと思ってました。これが単なる宗教なら必要では無いからです。その結果、今は神様の為に働いています。

詩篇23篇1~3
 主はわたしの牧者であって、わたしには乏しいことがない。
  主はわたしを緑の牧場に伏させ、いこいのみぎわに伴われる。
 主はわたしの魂をいきかえらせ、み名のためにわたしを正しい道に導かれる。
 たといわたしは死の陰の谷を歩むとも、わざわいを恐れません。                      あなたがわたしと共におられるからです。                                    あなたのむちと、あなたのつえはわたしを慰めます。                                                                                                     いろんな困難な状況があろうとも神様が共に居てくださるので私は強くなれる、               神様に愛されていると言う安息から、強さや優しさ、本当の愛が現れてくるのです。               神様の言葉が本当かどうか実際に求めてみましょう。求める人は幸いです。

2013年6月16日 主日礼拝のメッセージ

「父なる神に帰る」                                       伝道の書12:7

ちりは、もとのように土に帰り、霊はこれを授けた神に帰る。

■今日は父の日ですが、まず私たちの創造主である霊の父である神に感謝しましょう。             最初、神様は人間を土のチリで造ったと聖書にあります。私たちの肉体が死んだ後、土の中に埋めると土に変わります。しかし最初の人間アダムを造られた時、神様は鼻の穴から息(霊)を吹き込んで生きたものとなったと記され(創世記2:7)、人間には霊が宿っています、この霊が、神に帰るのだと聖書は記しています。そしてアダム以後、生まれる子供にもアダムから分かれて霊が入っていきます。(伝道の書11:5)私達もその子孫です。

■最初の人間のアダムとエバが、神の言葉を守らず禁断の木の実を食べたがゆえ霊魂の死罪が入り込みました。それ以来人間は神の前から追い出される状態になりました。コレが人類の罪で、霊魂の死罪になるのです。しかし、この死罪を赦免されるようにしてくださったのが神の御子イエスキリストなのです。この方が私たちの死罪の身代わりとなり死んでくださったゆえ私たちは死罪が無くなり赦されたのです。それと同時に神のもとに、帰る事ができ、神の国に入れるようにしてくださったのです。また、この地上に置いても神の祝福(恵みと平安)の中で休みが与えられるのです。人は誰でも自分の安息を求めています。安息を得るために仕事をします。しかし霊と魂の安息は神が与えてくださいます。私たちにはそれが無ければならないのです。

■神から離縁されていた人間は、もう一度、お父さんと呼べるようにしてくださったのです。そして父なる神は「おかえり」と言って抱きしめてくれるのです。(ルカ15:11~)このチャンスは神を求める全ての人に与えられます。求めるものには神の愛を知る事ができる聖霊が送られるからです(ルカ11:13)。この聖霊により神様を「お父さん」と言える親密感が現れます。(ガラテヤ4:6)。これは事実なのです。

■私達は神様に愛されるために造られました。                                      神の愛を知るために人間は一度、アダムのゆえに罪というマイナスの領域に入りました。しかし、イエスキリストの故、罪が赦され、負の領域より”0”ゼロになったのです。しかし神様の愛は世のはじめから私達に対してプラスのままです。ですから神様に赦された私たちはゼロになり、神様に近づけば近づくほどプラスになって代えられていくのです。しかし、神様から離れていく人たちはマイナスのままなのです。神様の言葉を守り(互いに愛し合う)、全てを委ねて行くことがお父さんに近づくことなのです。                    そうすれば私たちは神の前にプラスになっていくのです。

2013年6月9日 主日礼拝のメッセージ

「相手を赦す決心」                               エペソ人への手紙4:32                                                                  互に情深く、あわれみ深い者となり、神がキリストにあってあなたがたをゆるして下さったように、 あなたがたも互にゆるし合いなさい。                                                                                                            愛するとは相手がどうであれその人を愛するということなのです。親が子供を愛する事、これは当然です。子供がどんな卑劣な犯罪を犯したとしてもその親にとっては、掛け替えのない子供なのです。神様も子供を愛するように私たちを愛しておられます。いがみ合っている二人を同じように愛しておられるのです。親としての神さまは、憎しみあっている二人を悲しく思われることでしょう。敵と言いましても、普段仲良くしていた人ほど些細な事で敵になりかねませんよね。(妬みが多くの原因)「昨日の友は今日の敵」だと言う言葉もあるくらいです。                                                              そこで、敵を愛する前に、相手を赦す決心が必要になります。それは神さまの望む平和を作るためです。赦すという事は、自分を犠牲にする事です。自分は悪くない、悪いのはあいつだと主張するところに平和は来ないのです。両方ともに自分の正しさを主張すれば平行線です。どちらかが折れないといけないのですが、多くの場合、相手に負けを認めさせる事が絶対できないプライドがあるのです。このプライドを自ら潰す事が、赦すという事につながります。                                               神の御子イエス様も神でありながらご自分の神のプライドを捨て、自分を砕くことによって、私達の犯した傲慢さと罪の赦しの代償となられたのです。この贖い主イエス様を通して神によって造られたけれど、罪のゆえ神から離縁していた私たちは、神の元に帰ることができるようになったのです。(これを福音と言います。)神自ら、人を赦すために自分の命を捨てられたのです。神の愛はイエス様を通しての赦しにあります。神はそれを通して、私たちに赦す事の手本を見せてくださいました。                          こんなに素晴らしい御方が私たちの創造主なる神様です。信じない理由は何処にあるのでしょうか?
使徒パウロも言ってます
もしあなたがたが、何かのことについて人をゆるすなら、わたしもまたゆるそう。そして、もしわたしが何かのことでゆるしたとすれば、それは、あなたがたのためにキリストのみまえでゆるしたのである。
そうするのは、サタンに欺かれることのないためである。わたしたちは、彼の策略を知らないわけではない。                                                        コリントⅡ2:10、11サタンすなわち悪魔は憎しみ合うようにこの世に働きます。私たちの背後で信頼関係を潰して人を傲慢にさせ神さまの御心からはずれさせようとします。そうして神様から引き離そうとします。               人の心の内が気になりますか?人がどうかではなくてまず自分が愛を示すためにまず「赦す決心」です。悪魔の思う壺にならないように、自分を砕くのです。人を変える事はできません。まず自分が変わる事だと神さまは教えておられます。                                                                                                                         私事ですが、かく言う私もこれを実践した事があります。「私の事で気分を悪くさせてしまって悪かった。すまなかった。」そうしたら平和がきました。互いに赦し合えました。心のわだかまりが一切取れ平安が支配したのです。私は祈りと自分を負ける事で平和を勝ちとったのです。 平和のための祈りは聴かれます。    皆様も是非実践してみてください。「赦す決心」。神さまは必ず聖霊を通して助けてくださいます。 

最後に 「平和を造り出す人は幸いです、神の子と呼ばれるでしょう。」 by Jesus                     

2013年6月02日 主日礼拝のメッセージ

「行うままにさせよ」                      ヨハネによる福音書22:10~13
イエスはわたしに言った、「この書の預言の言葉を封じてはならない。時が近づいているからである。
不義な者はさらに不義を行い、汚れた者はさらに汚れたことを行い、義なる者はさらに義を行い、      聖なる者はさらに聖なることを行うままにさせよ」。
「見よ、わたしはすぐに来る。報いを携えてきて、それぞれのしわざに応じて報いよう。
わたしはアルパであり、オメガである。最初の者であり、最後の者である。初めであり、終りである。                                                                         よく、聖書を知らない人がこのような質問をしてこられます。「神様が居るのなら、なぜ悪い人がこの世にいて悪いことが起こるのですか?」私はいつもこう答えます。「神は敢えてそうしておられます。」 イエスは2000年前に戦争や民族紛争、飢饉、自然災害は世の終わりに頻繁に起こるのだと預言しています。 事実、その通りに世の中は悪化するばかりです。                                                                                                           神が居られるなら・・・と言う人の思いの中には、神はこんな方だと勝手な理想を描いているだけなのです。しかし、聖書をよく見ると神の思いと人の思いは違います。神はこの世(宇宙、万物)を創造した目的、お考え、計画があるのだと教えています。わざわざ死ぬという弱い肉体で人を造られたのも意味があるのです。                                                                                                                                        少し話が飛びますが、アリスと言う音楽バンドが再結成し11枚目のニューアルバムを出されました。その中で「ボイジャー」と言う歌があります。この歌詞を聞いておりますとまさに聖書の事を知っているかのようです。「イブから始まりアダムの定め、そしてマリアから始まる。その意味、その理由はきっと解る日が来る。」というような歌詞があります。ボイジャーというのは長い道のりを旅する旅人と言う意味です。聖書は私たちの人生は旅人のようだと言ってます。最後にアベマリアの賛美歌が入っているのには驚きです。歌詞は谷村新司さんが作ったようですが、聖書を知らないと書けないと思います。旅人は肉体はこの世で行きますが死後何処に行くのか解るようになります。人の成功はやがて無くなるこの世には無く、私たちの求めるものは霊魂の行き着く神の国です。そこに成功があります。                                                                                                     神はなぜ人をこのように作ったのか?と言う質問は愚問です。なぜなら神が全主権を握った創造主で我々はその神によって造られた被造物だからです。ある茶碗が、陶芸家に「なぜこのように私を作ったのか」と言うこっけいな話なのです。                                                                                                                        神は敢えてこの世に悪を容認しております。なぜなら、神に従う人の正しさを悪のはびこるこの世の中で明らかにすることが神の御心です。最後の審判で善悪は明らかにされます。堕落した天使たちを裁く為に敢えてそうされているのです。(このあたりの話は相当深い話になります)しかし、私たちにとっては本当の神の愛を知ることのできるこの世となります。神が命を懸けて私たち人類を愛している表現をイエスキリストを通して実行されました。「神が肉体を持った人となり、人の罪の身代わりになって死ぬ」これが可能になる世界を作られたのです。 神の愛の大きさは命を懸けて現されました。これは神の国では死のない存在ですので絶対表現できない事なのです。肉体が死ぬというこの世だからこそ、それが可能なのです。私たちを神の子として迎える為、神の愛を命を懸けて表された神の御子イエス。私たちの神はこんなに素晴らしいのです。ゆえに私は心から神を信じ愛したいと思います。
マラ キ書3:14~18

あなたがたは言った、『神に仕える事はつまらない。われわれがその命令を守り、かつ万軍の主の前に、悲しんで歩いたからといって、なんの益があるか。 今われわれは高ぶる者を、祝福された者と思う。悪を行う者は栄えるばかりでなく、神を試みても罰せられない』」。
そのとき、主を恐れる者は互に語った。主は耳を傾けてこれを聞かれた。そして主を恐れる者、およびその名を心に留めている者のために、主の前に一つの覚え書がしるされた。 「万軍の主は言われる、彼らはわたしが手を下して事を行う日に、わたしの者となり、わたしの宝となる。また人が自分に仕える子をあわれむように、わたしは彼らをあわれむ。
その時あなたがたは、再び義人と悪人、神に仕える者と、仕えない者との区別を知るようになる。                                                                          更にある人は言うかもしれません。「神が愛なら何故みんなを無条件で救わないのか?と・・・・。」そもそも人が神に注文し文句を言う事、これが罪なのです。そのような質問をする人は神の上に自分を置いているからなのです。これを罪と言います。罪の意味は的外れです。(例えば人が造ったロボットが、人を支配する事)無条件で救うと的外れの堕落した天使と同じ人が現れるからなのです。素晴らしい神の国の建設のため、命を懸けて愛を示され信頼できる王様がイエス様です。誰でもイエスキリストの神の愛を受け入れ信頼するだけで救われると言う道が用意されたのです。                                                                                                          あなたも神様を「お父さん」と呼ぶことができ、神の国でお父さんの宝とされるのです。
 
                                      

三位一体について, 神様を知りたい!

三位一体とは?

by

三位一体(トリニティー)とは、御父と御子(イエスキリスト)と聖霊なる神が3つの存在を通して一つの神が働き存在される。と言うことなのですが、聖書には三位一体と言う言葉はありません。聖書の研究をした神学者が見出した理論です。                                                                                                                       神学校や、あらゆる書物で学ぶ機会がありましたがなかなか明快に理解できる説明がありませんでした。また、イエス=父なる神=精霊だとはっきりいう人もあります。真逆にエホバの証人さんはイエスは人であって神では無いと言います。これらは間違いですが、御父=神、イエス様=神、聖霊=神であるならOKになります。                                                                                                                                  父なる神はある計画、目的、意思の元に、御子イエスと聖霊様を用意され、大元の存在として目で見えない触れることのできない得体の知れない大きい方です。御子は、父の御意思によりこの天地万物を創造され、御父の手足となり活動される方で十字架に架かるために肉体を所有されるためにこの世にその姿を現された救い主なる神です。聖霊は私たちの助け主となるために御父から送られる神の御霊なのです。 神はひとりであるけれどその働き、役目の違いで父なる神が用意されたシステムなのです。                                                                                 わかりやすく言いますと。太陽2011.5.18十六夜月と月と星の関係で見るとわかりやすいです。太陽は光の元なる父です。太陽は眩しくて直視できない存在です。月は闇夜を照らす小さな光ですが、月を見ている言いながら実は太陽の光の反射を見ているんですね。これがイエスキリストです。その周りの星ぼしたちは闇夜の中で太陽の反射できらめく存在で、聖霊を受けた私たちクリスチャンになります。(ピリピ2:15)(この写真は2011年5月18日に自宅より500mmで撮りました。少し黄色に着色してます。)            地球上は昼であっても宇宙に出れば24時間闇夜です。昼は太陽が直視できません。聖書では天国においては神様自身が私たちを照らす光だと言ってます。夜と言う暗い時が実はこの世の現実で、昼間という存在は太陽と地球独自の自然環境で明るいだけであって、特別な環境なのです。本来昼間と言う青空の世界は偽物であって演出された舞台のようなものです。現実は暗闇なのです。暗闇の中で見える月を見て私たちは太陽を見ていることになります。暗闇という現実のこの世で罪悪が蠢き悪魔が君臨している中、現実の夜という環境で月を見る事が正しいということです。イエスさまは「私を見たものは父を見たのである。何故私たちに父を示せというのか?」とこのようにヨハネの福音書で弟子ピリポに告げられました。(ヨハネ福音書14:9)

この説明方法を他に聞いたことがありませんが、これが的確かと私は説明しております。 あるエホバの証人さんに説明したことがありますが、これで理解していただけました。神さまの名前はこの世で明らかにされているのはイエス(Jesus)だけです。旧約聖書中のYHWHの四字神名を解き明かしたとしても、救いの名はイエスキリストこれ以外には無いのです。                                                                                                            イエスさまは神の本質の真の姿であり、(へブル1:3) 神を見たものは誰もいない、ただ父のふところにある一人子なる神だけが、神を現したのである。(ヨハネ1:18)                                                                                                 イエスは言われた、                                                      「私が道であり真理であり命です。誰でも私によらないでは、父のみもとに行くことはできないのである。」                                                 (ヨハネの福音書14:6)