2013年5月26日 主日礼拝のメッセージ

「真理とは何か?」                      ヨハネによる福音書14:6
イエスは彼に言われた、                                             「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、               父のみもとに行くことはできない。

真理と言う言葉について日本人は理解しがたい言葉だと思います。真理と言われるものが見当たらないからなんです。昔は天皇と言う絶対者(現人神)の名のもとに服従させられていた大日本帝国ですが、戦争に負けた今はそう言った存在がなくなりました。今では残念ながら、進化論を絶対論と信じている日本人にはなかなか理解できないようにされています。進化論とは全ての存在が意味無しで偶然に発生したと言う考えです。しかし、創造論というのがあり、創造者の意図により、すべての存在が意味有りの考え方です。簡単に申しますと、創造主なる神が居るか居ないかの違いです。

真理(truth)とは「絶対的に変わらず、揺らぐことのない定義、事象、思考」 と辞書にあります。                                                                            実在の神がある目的、考え、計画のもとにこの天地万物を創造し保っている。                  この事実を人間に証明するために イエスキリストがこの世に現れたのです。それまではユダヤ人預言者を通して言葉による神の啓示がありましたが、それが具現化され現実となったのです。それは旧約聖書(ユダヤ教の経典)によるメシア(すなわちキリスト)救世主の400にも及ぶ預言の言葉を全てそれに当てはまるイエスキリストになります。だからイエスキリストが真理になるのです。全66巻の聖書にはいろんな人が述べ1600年間にわたって書かれた書物が編集されていますが、一貫性があります。それは人類救済です。このままでは人間の霊魂が滅びに至るので、神の国の永遠の命が与えられるチャンスが得れる約束なのです。聖書は死後の行方を教えており、倫理道徳の為だけに書かれた書物では無いのです。イエスキリストはこのような信じられないような話を、事実として裏付ける根拠として実証されるために、この世に現れてくださったのです。

最近では、真理と言えばオウム真理教が世間を騒がしました。残念な事に真理と言う言葉が、汚されてしまいました。真理と言うとおかしな宗教みたいに連想されてしまうのですが、もともと聖書の中でイエスキリストが真理だと言います。神の存在、そして神をこの世に具現化した存在が神の御子であるイエスキリストです。

多くの人はイエスキリストが人間だと思っています。  答えはイエスキリストは人間の肉体を所有された神です。十字架に架かる為に肉体を所有された神なのです。                                私がまだ神を知らない子供の時、不思議に思いました。イエスキリストが十字架にかかって死んだのに何故、英雄的存在なんだろう?この人は一体何をして世界中の人々から賞賛されているのであろうかと意味不明でありました。そこを知りたいと思う時がありました。

ヨハネの福音書1:18                                                     「神を見たものは一人もいない、ただ父のふところにいる一人子なる神だけが、神を現したのである。」

またへブル人への手紙1:1~3                                               「神は、むかしは、預言者たちにより、いろいろな時に、いろいろな方法で、先祖たちに語られたが、この終りの時には、御子によって、わたしたちに語られたのである。神は御子を万物の相続者と定め、また、御子によって、もろもろの世界を造られた。
 御子は神の栄光の輝きであり、神の本質の真の姿であって、その力ある言葉をもって万物を保っておられる。そして罪のきよめのわざをなし終えてから、いと高き所にいます大能者の右に、座につかれたのである。」                                                                                                                                      目に見えない神がイエスキリストを通して神を現されたと言う事実が真理になります。 神さまは私たち人類に大きなチャンスを与えてくださいました。私たちの肉体の無くなった後、霊魂はなくなりませんが、その霊魂が父なる神のおられる神の国に永遠の命を持って招いてくださるというのです。そのチャンスが口約束だけでなく、神の御子が十字架で命を掛けた代償のゆえ、罪で汚れた私たちを買い戻してくださったのです。(理解をするには堕落した天使のことを知る必要があります。此処では省略します。)神は命をかけて私たちを愛しているということなのです。すなわち十字架の業は神の愛の現れなのです。これを通して神の愛を知るのです。この神の愛を知って、互いに愛し合いなさいというのが神の戒めになります。 神の愛を知ることによって、愛が大切なことだと悟り、人はそれを実行しようとするのです。(神の愛を知る方法は聖霊によります。)それは親が模範を示して子供を薫陶(悟す)するようなものです。最近の親は私も含めてだらしないので子供の模範になっていないですね。反省です。子供が正しく育つのは結局、親次第なんです。私たちの父なる神は愛の神なのです。だからこそ人間には神様の愛が必要なんですね。                                                                                                                                                     私たちの絶対者、真理である神は、愛を持って神の国を約束してくださったのです。その具現がイエスキリストで、父なる神のもとに行くであり、父なる神を現す真理であり、父なる神の永遠の命を約束してくださる方なのです。この事柄が聖書の中心です。このことを事実として受け止める人は幸いです。必ず人生が喜びに満たされます。生まれてきて良かったと言えるようになります。是非おすすめしたいと思います。

                                                                                                                         2013年5月19日 主日礼拝のメッセージ

「塩を持ち、互いに和らぎなさい」         マルコによる福音書9:50

「塩はよいものである。しかし、もしその塩の味がぬけたら、
何によってその味が取り戻されようか。
あなたがた自身の内に塩を持ちなさい。そして、互いに和らぎなさい。」   
塩
日本の風習に塩を巻いたり、塩を玄関に盛る事が
あります。嫌な客が来たなら、帰った後に塩を巻いて
二度と来るなと言って塩を巻くシーンをテレビドラマ
などで見たことがあると思います。これは、清めるため、
外部からの邪気を払うなどの意味があります。
塩は本来、食品防腐剤として使われるわけです。
干物や漬物などもそうです。
また、味付けるものとしても使われ、食材をより美味しくします。
ある美食家は、肉や魚でも本当にいい食材なら塩を少し付けるだけで
食材そのものの味を引き立てて大変美味しいと言います。
多くの人は塩を他人に向かって巻いて、寄せ付けないようにするわけですが、
イエス様は自分の内に塩を持ちなさい。塩で味付けされた良いものになりなさい
言われるのです。あなた自身の良さをより引き立てるのが塩の役目です。
塩を外に巻くのでは無く、自分の中に持ちなさいと言われるのです。
自身を腐らないようするのです。そして、自分を良い味つけとなって、
互いに和らぐための存在になりなさいという事です。
自分が腐らないとは、いつも聖霊によって神に愛されている事を知り、
自分が神に愛されている尊い宝物である事を悟り、
愛の大切さを忘れないことなのです。
そして、神の愛で味付けられた自身をもって平和を築きなさいということです。
他人を追い払うための塩ではなくて、自分を腐らせないように神の愛の効き目を保ち、
その味の効き目が平和を創り出す存在になりなさい。
                                                                    日本人文化の塩とは真逆みたいですね。
 

2013年5月12日 主日礼拝のメッセージ

「神の国では誰も誇れない」         エペソ人への手紙2:8~10

「あなたがたの救われたのは、実に、恵みにより、信仰によるのである。それはあなたがた
自身から出たものでは無く、神の贈り物である。決してあなたがたの功績ではない。それは、         誰も誇ることが無いためである。私たちは神の作品であって、良い行いをするように、              キリスト・イエスにあって造られたのである。神は私たちが良い行いをして日を過ごすようにと、
あらかじめ備えてくださったのである。」                                           
マラソン
悲しいことに、私たちは生まれると同時に
死ぬ事が定まります。スタートしたとたん、         死のゴールに向かっているのです。
これでは「生まれなかった方が良かった」         と言いたくなる人はたくさんおられると思          います。私も自分の劣等感に押しつぶさ          れそうになり、自分の存在を呪ってしまう         ことさえありました。
死というゴールに向かうマラソンランナーは、       はたして力強く走れるでしょうか?             当たり前の事ですが、人生と言うマラソン
                                 には希望が無いのです。
しかし、神様(創造主)は、私たちをこの世限りの存在として、無駄に造られたのでしょうか?         そうではありません。私たちのゴールに、死後の命を保証する約束をしてくださったのです。
それがイエスキリストによる永遠の命を与える霊魂の救いなのです。この救いをゴールと          知っている人と、ただ死だけをゴールだと思っている人の走り方は全く違ってくるのです。
神は私たちに永遠の命を約束しております。その約束を信じる事ができるように神の御子           イエスキリストを肉体に宿って遣わされたのです。歴史の事実として神の約束が現された           のです。(旧約聖書の預言と歴史の事実が証明)                                                                                                         多くの人は「そんなの死んでみなければわからないじゃないか」と言います。そのような人は
「当たるか当たらないか、わからないので宝くじを絶対に買わない」と言っている人だと言え
ます。(私は実はこういうタイプ)。しかし、くじに当たる希望を手にする人はその希望でワク
ワクするはずです。そのように人生を歩くことができるのです。もっとも、神の救いはくじでは
無く確実です。その値は無尽蔵の富だと聖書は記しています。神の国の永住権が私たちの          ゴールになるのです。                                                                                                                          そしてそれは私たちの功績で与えれるのでは無く、神の一方的な哀れみで信じるもの全てに        与えてくださいます。それは神の御前に誰も誇ることが無いように、すべての者が平等で公平         に愛し合うことができるようになるためです。神の救いの計画はシンプルかつ完璧です。
あなたも救いの約束をどうぞゴールにしてください、もし仮に嘘だとしても希望を信じて生きる         事はプラスになってもマイナスの要素は決してありません。その希望によって、人は正しい道         を歩き、神の良き作品として神の愛の内に完成していくのです。                                                                                                最後に一言、雨が降るか降らないかわからない天気であるなら、傘を持っていく人が賢明な
人ですね。 今、私は生まれてきて良かったと言える日々を歩いています。
神を信じて、儚い人生ではなくなったのです。     希望、価値ある人生と知ったのです。                                                                                                                

2013年5月5日 主日礼拝のメッセージ

「戒めを守れば神とともにある」                第1ヨハネの手紙3:24

「俺は、何があってもお前の見方だ!お前を愛している!」

そう言ってくれる友がいたら最高に素晴らしいです。嘘でもその言葉 嬉しいですよね。

そうイエス様こそ、そのお方です。天地創造主なる神が私の味方というなら、                   一体何を恐れることがあるでしょうか?

誰もキリストイエスにおけ001006る                  神の愛から離すことはできない                と聖書は言ってます。(ローマ書)

そう誰でもです。あなたもです。                この言葉を信じ受け入れる者には、            神の愛が成立しているのです。

その神の愛をどうして感じること               ができるでしょうか?

主が愛されたように、互いに愛し合                             いなさい、そうすればあなたは神の                         うちにおり、神があなたのうちにおられる事を知るようになるのです。

それは神から送られる聖霊様による働きです。

聖霊の働き、賜物はいろいろありますが、最も大切なのは神の愛を知ることです。               使徒パウロは明快に神の愛を求めなさいと語ります。                                 私は実際、悪霊を追い出したことも、病の癒しも、異言も、預言も聖書の書いてあるとおり           現実に体験しましたが、しかしそれらがすごい事ではありません。

が最も大切なのです。

その愛を求め実践することで、神の平安があなたを満たします。

愛することは、まず赦すことから始まります。主の導きがありますように・・・