はじめまして、東 たつお と申します。

最初は奈良市の平城京跡を拠点に車中で野宿から始まりました。2000年にスタートしましたが、いろんな苦難を通りながら、神様の愛と恵みの中、今日まで来れました。その中、間違った信仰を持たされて神様を誤解している他の多くのクリスチャンと出会い、本当の神の愛をお伝えする働きができたことは、すごく感謝な事です。今までの苦難と試練は、本物を深く知るための素晴らしい訓練であったと確信します。
たつおの写真そのおかげで間違った信仰を見抜く力が与えられたように思います。
聖霊様による神の愛と多くの苦難の中で得たことは、神学を超えたものがございます。

私の召命体験ですが、大阪市の職員でした私が仕事をやめて伝道者・牧師として目指したのは、神様の声を本当に聞いたからです。祈りの中で献身するかどうか を訪ねたところ細い声で「恐るな私はあなたと共にいる」この言葉を聞いたのです。当時あまり御言葉を知らなかったので、その御言葉がどこの句節か、神様に聞きま した。自分の思い込みではないかと思ったので確認しました。するとイザヤ41:10だと教えられ、そこを開けるとなんとそこにその御言葉があったのです。これは驚きで した。公務員の仕事を辞める勇気は、主の招きの言葉があったからです。一人でも多くの人に神様の愛を伝えたい気持ちに満たされました。今もその気持ちは変わりません。

私は、教会の最小単位はまず夫婦であると確信しております。
この日本では夫婦関係が崩れやすく子供達にも悪影響を与えているのは否定できない事実です。
それは、この国が本当の神の愛を知らないゆえであると考えております。このような日本に希望と平和をもたらせるために、神の愛の素晴らしさをお伝えできればと願っております。

 

 

 

 

 

 

このよつばのクローバーは、教会名を「よつばキリスト教会」に改名を決定した直後に発見した実際の写真です。この時、神様の愛を感じたことは忘れはしません。